書籍・雑誌

March 31, 2015

「週刊アスキー」休刊

パソコン雑誌の「週刊アスキー」が5月26日発売号をもって休刊となるらしい。
これからはネット上でサービスを継続するとの事。
昔から見ていた雑誌が休刊するのは偲びないが、これも時代なんでしょう。
これからもこう言う雑誌の休刊は増えていくでしょうが、「トランジスタ技術(トラ技)」と「CQ ham radio」は続いて欲しいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2015

「週刊 スカイライダー・ドローン」・・・デアゴスティーニ

収集癖、コンプリート好きという人向けの販売手法をとっているデアゴスティーニ。
今度は2月3日から「週刊 スカイライダー・ドローン」を発売するという。
TV番組などの空撮でよく使われているヘリです。
これは面白そう。
ただ、値段がどうなのか計算。
全57号。
999円+2,990円×56=168,439円(税込み)
16万円超えか。
ただ、20号まで買うとプロポも付いてくるらしい。
さてどうしようかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2014

「週刊 マイ3Dプリンター」・・・デアゴスティーニ

収集癖、コンプリート好きという人向けの販売手法をとっているデアゴスティーニ。
今度は「週刊 マイ3Dプリンター」。
3Dプリンタを作ってしまおうってヤツです。
ちょっと興味があったのですが、やはり長期間買い続けるってのも辛い。
全55号で、いくらかかるか計算。
999円+1,998円×54=108,891円(税込み)
10万円超えか。
今、3Dプリンタって6~7万円で買えるもんな~。
それに作成ソフトはフリーで出回っているし、やり方はネットに載っているし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2014

「かもめのジョナサン」完成版が発売される。

読んだ事がある人も、読んだことは無い人も、「かもめ」の名前を「ジョナサン」と言ってしまう。
それぐらいベストセラーになった小説。
オイラも読んだけど、ちょっと食傷ぎみだったような。
ちなみに「ジョナサン」と言えば、「トラック野郎」の愛川欽也が演じた「やもめのジョナサン」(かもめのジョナサンのパロディー)が思い出されるのは・・・やっぱオヤジですか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 08, 2014

同じような名前の雑誌を購入してしまった。

ジャンプならVジャンプとかジャンプSQとか同じ無線綴じ(背がまっ平らのヤツ)の雑誌。
急いで買うと間違えますよね?
今日は月末に買い忘れていたヤングキングHOURsを買おうとしていました。
蒼き鋼のアルペジオと超人ロックと並木橋通りアオバ自転車店を読みたいだけなんですけどね。
(立ち読みは嫌だから買っています。)
そうしたところ、ヤングキングHOURs GHを買ってしまいまた。
ヤングキングHOURs GHはビニールで保護されていたのですが、すでに破ってしまったため返本ができず。
・・・よく確認すれば良いだけなんですけどね~・・・ちょっと残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 31, 2013

サブカル本「空想科学のツイッター」

言わずと知れた、空想科学研究所主任研究員である柳田理科雄さんの本です。
ツイッターと言う事で125文字で解説しています。
こうやって本で見ると、125文字って結構な情報量を書けるものだな。
と言うか、空想科学読本の中身のほとんどが、理論、法則、計算に費やされているって事だな。

ちなみに、空想科学読本の13巻も一緒に購入して読んでます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2013

サブカル本「シャア・アズナブル全発言」・・・期待外れ!!

前に買った「サブカル本「染みるブライト・ノア」」と同じように心に染みる内容であることを期待して買ってみた。
う~ん・・・確かに全発言なんだろうけど、放送されたビデオからセリフを引っ張ってきただけの内容。
解説も中途半端で面白くもない。
ちょっと残念な内容でした。
書かれている内容が分かれば買わなかったかもね。
ところで、最近はビニ本(爆)になっているので中身まで確認ができないんだよな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2012

富士見書房の「ドラゴンマガジン」が25周年。

創刊号(0号ってのもあるが)から買い続けている。
もう25年か。
昔は「雷の娘シャクティ」や「風の大陸」など、しっかりした小説が多かったんだけどね。
今はいわゆるライトノベルってヤツで、なんか読む気がしない。
最近は積読(つんどく)で、惰性で買っている状態。
隔月になってから、間違えて2冊買う事もあるので困るよな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2012

「できるかなゴーゴー!」by西原理恵子

「できるかな」はまだやっとんたか!?
本屋のサブカルコーナーで見かけて買い。

それにしても、相も変わらず海外のディープなところへ行っていますな。
オサレなイタリアが妖しいイタリアになってるし。
ま、この人が行くところは全部妖しいんですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2012

「迷って選んだ答えは必ず間違い」・・・名言です。

山崎一夫と西原理恵子という強力タッグの本です。
細かい内容より、各表題と西原のマンガが真理を突いてきている。
この二人は昔からエッセイ+挿絵マンガで登場しているけど、面白い。
オイラのような老眼にも優しい大文字で一気読みできる。
お勧めですな。

この本もマンガ以外で販売数が多いって西原センセイが嘆くかな?
マンガより「生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント」がAmazonでよく売れているとか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)