« 「鰹のサンガ焼き」レシピ | Main | 汚しても良いだろうけど・・・。 »

June 28, 2015

昼寝で夢をみた。

昼間、突然の睡魔。

崖の上で女性とs○xしている。
崖の下から知り合いに何か聞かれているが、適当に返答する。
腰を動かすたびに女性は若返っていく。
未成年ぐらいになったところで、これ以上はヤバイと止める。
昔のTVであった未来人のような服(銀色の全身タイツのようなヤツ)を着るが、お尻の穴のところから頭を入れて全身に着用していく。
右手は出たが左手側は縫われて出すことができない。
急ぎということで、左が短いため左肩を出したまま進んでいく。
街は電脳とドラゴンと剣の世界。
PCにログインしようとするが、パスワードを9回も入力しなければならず、途中で分からなくなる。
山の向こうが赤く光ったため、何かが起こったと街の繁華街に向かう。
そこは台湾の九份のような場所。
一軒の酒場に入ると、ドラゴン(白○プロジェクトの敵で、赤っぽい頭の大きいドラゴンがいますよね?あんな感じ)とそれの飼い主が沢山いる。
飼い主はまだ出番じゃないと酒を呑んでいる。
目の前には学者がいて、ドラゴンと会話ができるようになったと言う。
ド○ルド・ダックのような声でドラゴンと会話をして,ドラゴンを笑わせる。
舞台にはドラゴンが二匹いて、ヤスキヨのやすし師匠の「眼鏡、眼鏡」の漫才をしている。

誰か夢判断してください。

|

« 「鰹のサンガ焼き」レシピ | Main | 汚しても良いだろうけど・・・。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78436/61807734

Listed below are links to weblogs that reference 昼寝で夢をみた。:

« 「鰹のサンガ焼き」レシピ | Main | 汚しても良いだろうけど・・・。 »