« 値上げ前に発売して欲しかった。 | Main | 二ノ国やっていますか? »

December 13, 2010

26年を経て電球が切れました。

Ntakuベッドの頭のことろに置いて使っていた照明器具。
その電球が切れた。
照明器具を買ってから今まで一度も電球を変えたことが無かったのだが、とうとう切れた。
裏面を見ると、日本電気ホームエレクトロニクス、IS-6137、59.09と書いてある。
つまり、昭和59年9月製造ということか。
26年間一度も電球を変えず、度重なる引っ越しにも電球が割れる事がないでいられた事は奇跡。
と言っても、照明を点ける事は年に数回しかなかった。
アーム部分は劣化して破損しているが、これはカバーのみ破損していて、中の本体は問題なし。

電球を見ると製品名が茶色に滲んでいて読むことさえできない。
そして、電球の周りにはホコリが固着してしまったのであろう、細かい茶色の模様が付いている。
「長い間お疲れさまでした」と言ってしまいそうだ。

|

« 値上げ前に発売して欲しかった。 | Main | 二ノ国やっていますか? »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78436/50292740

Listed below are links to weblogs that reference 26年を経て電球が切れました。:

« 値上げ前に発売して欲しかった。 | Main | 二ノ国やっていますか? »