« 橋本は、馬脚を露した | Main | 南大門が全焼 »

February 11, 2008

無花果の一種(TBS世界遺産)

先程、TBSの「世界遺産」をやっていて、無花果(いちじく)の一種が山肌に生えていた映像があった。
(カテゴリが・・・。)

ふと・・・小さい頃、庭の隅に無花果の木があったな。ビワの木や梨の木もあったし。
でも、杭と壁に囲まれていて登れなかった。登れたのは小学校4年ぐらいから。
そんな事を思い出して、親父に電話してみた。
ピッポッバ・・・。(一般電話の短縮メモリダイヤルです)。
ツーツーツー。話し中。・・・再度トライ。・・・OK!

以下、簡単に。

Q:なぜ、登れなかったのか?
A:無花果の木は、カミキリムシの幼虫が木の中を食い荒らすので空洞になる。
登っていると枝が折れる事がある。子供を登るらせると、落ちてしまうことがある。
それで(昔は)死んでしまう事があるから、縁起を担いで子供を登らせない。
Q:他は?
A:無花果が熟れると甘い臭いをだして、蜂が寄ってくる。その蜂に刺されてしまうのを防ぐため。
Q:で、梨やビワは?
A:梨の木も別な土地に植えていた。「梨」は「無し」に通じる(「ありの実」を参照)し、梨の木も実は折れやすいから。
ビワの木は細いから登れない。(勘違いじゃないか?との事)
Q:あの当時の無花果や梨やビワの木は今どうなっている?
A:無花果はあれから3代目が庭の隅に生きている。ビワも移植し生きている。梨の木は・・・無くなった。

ああ、子供の頃に食べた完熟の「甘いイチジク」を食べたい。そして「ビワ」も。
今の「イチジク」や「ビワ」は、熟す前に収穫するから・・・固いし・・・苦い。

|

« 橋本は、馬脚を露した | Main | 南大門が全焼 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78436/40080707

Listed below are links to weblogs that reference 無花果の一種(TBS世界遺産):

« 橋本は、馬脚を露した | Main | 南大門が全焼 »