« 本当に論語ブーム? | Main | NGOは本当に必要か? »

December 29, 2007

ブット元首相の死因報道が二転三転

時事ドットコムの「2007/12/29-02:10 ブット氏、銃弾で死亡せず=死因は車の屋根での頭部負傷」で「AFP通信が伝えた」とあり、AFP通信の2007年12月29日07:09の記事では「ブット元首相の死因をめぐる政府説明、側近は「嘘八百」と否定」と次々と変わる。
暗殺となると、も~訳が判らない。情勢不安定。益々テロ組織の活動拠点になってしまう。

強権発動でテロを押さえ込むか、国民の力でテロに加担する人々を排除(日用品などの不買や不売)しかない。

|

« 本当に論語ブーム? | Main | NGOは本当に必要か? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78436/17510928

Listed below are links to weblogs that reference ブット元首相の死因報道が二転三転:

« 本当に論語ブーム? | Main | NGOは本当に必要か? »