« 国連本部の修繕 | Main | ニューヨークの奇抜な格好の美術館 »

December 02, 2007

差し押さえ物件増加

「U.S. FrontLine」より。
差し押さえ物件増加、経済に大きく影響へ

米国において、「2008年は住宅差し押さえが140万件を超え、低迷する住宅市場をさらに悪化させ、雇用の減速および税収や消費支出の減少といった形で米経済に大きな影響を与えるが、リセッション(景気後退)に至る可能性は低いという予想を、経済分析のグローバル・インサイトが発表した。」とのこと。

住宅の差し押さえ。立入禁止の張り紙とかするのだろうか。その前に家具の差し押さえで、日本で言う「赤紙」を貼るのかな?
あの赤紙って本当なのかな?見たことないけど。ま、経験ないし。

大体、サブプライムローンについては、別ブログで「破綻する商売」って言ってたんだけどね。自称国際経済評論家という方々にさんざんコキ下ろされたけど。
それに、「格付会社って信じられない」とも。アメリカやイギリスごときが他国の会社を格付けするなんてちゃんちゃらおかしい。へそで茶が沸くぜ。
「欧米の格付会社を格付けする会社」を日本で創るか。

|

« 国連本部の修繕 | Main | ニューヨークの奇抜な格好の美術館 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78436/17246537

Listed below are links to weblogs that reference 差し押さえ物件増加:

« 国連本部の修繕 | Main | ニューヨークの奇抜な格好の美術館 »