« C・ディオン、「うがい」で曲を披露 | Main | 理系と言われると・・・ »

November 19, 2007

Wi-Fi USBアダプタ2無理やりインストール

11/5のWi-Fi USBアダプタ2の設定で、GAMETECのWi-Fi USBアダプタ2のドライバインストールが失敗すると書いた。
無理やりインストールしたら繋がった。
手順概要は以下のとおり。
なお、自己責任において実施してください。

(1)インストールするPCはWindows XPであるにも係わらず、USB電力出力がほとんどなく、セルフバスは無理。バスパワーのため、ACによる外部電力供給付きのUSBハブが必要と判明。(はい、ノートPCは、ここが重要!)
確か持っていたはずだが・・・見当たらないので、仕方なくELCOM U2H-H4SSVを購入。
(2)USBハブを接続。新しいハードウェアを検出するので、通常のプラグイン操作でUSBハブを認識させる。
(3)GAMETECのWi-Fi USBアダプタ2のドライバディスクのdriver配下にあるsetup.exeを実行。
(4)途中、「Microsoftの承認がないよ~」が表示されるが、「無視」してインストールを継続。
(5)「USBを接続」、「再起動」(両方とも英語)が大体同時に出るので、「再起動は後」をクリックして終わらせる。
(6)Wi-Fi USBアダプタをUSBにつなげる。新しいハードウェアを検出するので、通常のプラグイン操作でWi-Fi USBアダプタを認識させる。
(7)途中、ハードウェアの認識で「Microsoftの承認がないよ~」が表示されるが、「無視」して継続。
(8)完了後、PCの再起動。
(9)スタート→設定→コントロールパネル→管理ツール→サービスをクリックし、Wieless Zero Configurationを「自動」を選択して適用、そしてサービスの「開始」を行う。
(今までWieless機能ではなかったので、この操作が必要!)
(10)ネットワークのWielessウィザードで接続先を設定する。「USBに書き込む」とか出てくるが、最後まで「次」を押し、NGになった時点でキャンセル。
(11)しばらくすると、Wielessのアクセス先を検知(近くにある場合)するので、選択してwepキーを入れて接続する。
(12)駄目なら、Planex Wireless UtilityのLanch Config UtiliteasでAP接続先を設定する。

後のPlanex Wireless Utilityの詳細設定・操作はくぐってもらえれば出てきます。

2回目以降でうまくいかない場合でも、先にUSBハブとWi-Fi USBアダプタを接続しておいてからPCを立ち上げ、(9)、(10)、(11)を行う。時間がかかるが認識してくれて接続ができる。

PCとUSBハブの2つ分ACアダプタを繋がなければならない。USBハブが電力供給目的で繋がなければならないってことは、外では駄目ってことだな。残念!!

|

« C・ディオン、「うがい」で曲を披露 | Main | 理系と言われると・・・ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78436/17120655

Listed below are links to weblogs that reference Wi-Fi USBアダプタ2無理やりインストール:

« C・ディオン、「うがい」で曲を披露 | Main | 理系と言われると・・・ »