« ノーパンは流行るか | Main | 携帯の親指シフトキーボード »

October 26, 2007

ボトル水に課税

USA Todayによると、シカゴなどでボトル水を禁じ水道水を使用するよう推奨しているという。
そのためボトル1本当たり10セントを課税する案を議会に提出するとのこと。
ほぇ~!!水道局の回し者か?と思ったら、水ではなくプラスチックへの課税らしい。
つまりプラスチック製造に使用する原油費とボトル処理等にかかるコストを減らすためらしい。
(それでも、何か裏があるのか勘繰ってしまうが・・・。)
で、ニューヨークとカリフォルニアでも公共施設ではボトル水ではなく水道水を提供しているとのこと。

ほうほう。こういう事なら良いじゃないですか。
ただ、どうしてもボトルが必要になることもあるので、リサイクル/リユースが簡単なガラスボトルなら課税率が低い(2セントとか)ようにすれば?

|

« ノーパンは流行るか | Main | 携帯の親指シフトキーボード »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78436/16892906

Listed below are links to weblogs that reference ボトル水に課税:

« ノーパンは流行るか | Main | 携帯の親指シフトキーボード »